ムダ毛について

ムダ毛について考える女性
必要ない毛は女にとって、永遠のテーマといえるかもしれません。

いや、今の時代では男性も必要ない毛に頭を抱えるご時世です。

そもそも必要ない毛と呼ばれる体毛たちはなぜ影響するのか。

必要ない毛について心積もりてみました。

必要ないと言わずとも体毛は体の数々の部位に生えています。

そのような体毛、毛の量・色・質・密度など個人差があるのはいうまでもないのですが、毛の本数というのは胎児の時から決まっているそうです。

では、なぜ歳を取ってから毛の量に移り変わりが現れるのか・・それは男性ホルモン、女子ホルモンが影響してくるからです。

ホルモンの分泌状況とうまくつきあっていく事が可能なら、必要ない毛の多々ある少ないも少々はコントロール可能なのかもしれません。

とは言ってもそれは相当ハードルが高いもの。

生えてきてしまったものはしょうがないし、その量を減らしたいのであればとどのつまり処理するしかないのです。

自身で自己処理するか美容外科などで処理するかは自己決断になりますが、いずれにせよ、必要ない毛とは言っても自身の体の部分であるので、きちんと腹積もりて決めたいところです。

さて、自身で処理するケースの話ですが、私は一昔前まで必要ない毛は自身の気が向いた時に処理していました。

夏場は露出が増えるため、処理の頻度も多くなりますが真冬はそんなに気の向くままの状況でした。

ですが、体毛にも「周期」とよばれる生え替わりのリズムがあると知ってから、きちんと機会を心積もりて処理するようになりました。

その方がパフォーマンスがいいからです。

更に生えている部位によってそのサイクルも違う事がわかってからは、その部位のサイクルに当てはめて処理するようになりました。

1番必要ない毛として敬遠される脇やビキニラインの必要ない毛はだいたい4か月前後で生え変化しの時分を迎えるようです。

腕やすねはあと一歩早くて3か月くらい。

ですので、併せて処理してしまうと必要ない毛がまた生えてくるタイミングも変わってくるという事になります。

必要ない毛を処理する瞬間も部位によって変えるとパフォーマンスよく処理可能なのです。

処理の技術も諸々ありますが、毛が生えている方向に向かって処理するとスムーズに脱毛する事ができます。

自身の毛がどういった方向に流れて生えているか、よく見定めしながら処理するとスムーズにできます。

必要ない毛と言って、やみくもに処理してしまおうとせず、体の部分である事を認識しながら初めに体毛そのものの知識を得る事も大事だと考えます。

そのうえで自らの毛質も理解しながら、必須な毛、そうでない毛を自覚し巧くに処理していけたらいいと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    GiottoPress by Enrique Chavez